街金でお金を借りられる人、借りられない人

そもそも街金とは、大手企業とは違い地元密着型の業者が多く、駅前や繁華街ではなく市街地に事業所があることから呼ばれる様になりました。

街金の正式名称は「中小消費者金融」であり、一般的に闇金と似ていますが全く違う業者です。

 

街金と闇金の最も大きな違いは、街金は「貸金業法」という法律を順守しているという点です。

これに対して闇金は法律を無視して違法な金利を付けて、悪質な取り立てを行う業者です。

 

街金でお金を借りるにしても当然審査はありますが、大手金融業者の審査に通らなかった人を対象にしていますので、大手よりも緩くなります。

 

例えば保証人が不要、収入証明書なしで即日融資が可能などがあります。

但し、あくまで法を順守して正しく貸し付けを行う企業ですので、ブラックの人でも100%借りられる訳ではありません。

 

街金でも借りられない人とは、信用情報機関など、ブラックリストに名前が掲載されている様な人です。

闇金とは違い地元密着型の業者ですので、ブラックと分かって貸し付けを行い違法な金利を取り立てる様な悪質な営業を行うと、地元で商売ができなくなるからです。

 

街金と闇金の見分け方については、電話番号があります。

闇金は違法行為を行っていますので、摘発されない様に事業所を持っていません。

 

チラシに携帯電話の番号しか掲載されていなかったり、普段かかってくるのが携帯からである場合、闇金の可能性が高くなります。

その他にも、貸金業を営む場合、都道府県からの許可が必要であり、チラシやホームページに登録番号が記載されていないところは避けた方が良いでしょう。