生命保険を担保にお金を借りる事は出来るのか?

急にお金が必要になる、生活をしていたらそんな事態に陥る事もあるのではないでしょうか。

そんな場合は加入している生命保険を担保にお金を借りる方法があります。では、どのように借りるか詳しく紹介したいと思います。

 

生命保険には契約者貸付制度というものがあり、契約している生命保険の解約返戻金を担保に生命保険会社からお金を借りる制度です。

借りられる金額は通常、解約返戻金額の70%~90%の範囲内となっているのでどれだけでも借りられるわけではありません。

 

そして、お金を借りたい以上は返さなければいけないのですが、利子分もしっかりと払わなければいけません。

利子は保険会社によって違うのですが、通常は1~2%上乗せした程度に設定してある場合が多いようです。

 

そして、カードローンと違うところは万が一返すのが遅れてもブラックリストに載らないということです。

契約者貸付はそもそも返済期日がなく延滞になることもないのでもし、返済できなくても本来受け取る生命保険金や契約金がなくなるだけなのでブラックリストに載るようなことはないので、安心して借りる事ができます。

 

生命保険を担保にすると返済期日というのはないので1回あたりの返済額も決まっていません。

契約者は保険契約中にいつでも借入金の全部、または一部を返済する事が出来ます。

 

返し方は銀行振り込み、コンビニ払込、ATMで返済、インターネット返済、来店して窓口で返済などがあるので、自分がやりやすい方法で返済すると良いでしょう。

万が一お金が必要になったら金利が安いため生命保険を担保にして借りる事をおすすめします。