カードローンは個人事業主でも利用できる

総量規制のルールが登場したことで、年収の三分の一までしかお金が借りられなくなりました。

そして、収入事情が審査に関係するようになったことを、不安に感じているのは個人事業主です。

 

個人事業主の報酬は、企業に勤める人間と比較すると不安定です。

収入額にバラつきがあるので、銀行や消費者金融からお金を借りられないと考える人がいます。

 

しかし、銀行のカードローンの中には、個人事業主向けのものもあります。

身分証明書を提示するだけで、お金を借りられるサービスもあるのです。

 

ただし、緩い条件が設定されているカードローンは、あまり大きなお金を借りられません。

限度額が低めであるため、大金が必要な時には、もう少し審査基準の高いカードローンを探す必要があります。

 

ですが、心配することはありません。

銀行の求める必要書類を提出すれば、大金を借りられます。

 

銀行の求める必要書類とは、事業内容と収入事情を明らかにするものです。事業内容の説明に使える書類とは、営業許可証などを指します。

認可が必要な事業を行っている場合には、許可証を提出すれば問題ありません。

 

そして、営業許可証がなかったら、報酬明細を用意する手段があります。

銀行が求めているのは、継続的に安定した収入を得ている確証です。

 

収入事情を明らかにする必要書類は、確定申告の書類で問題ありません。

確定申告の時に記述した書類は、前年度の収入が網羅されています。

 

以上の書類を準備すれば、個人事業主でも大金を借りられます。

仮に、審査を突破できなくてもペナルティはないので、試しに挑戦してみるのもアリです。